×

Serwis używa ciasteczek ("cookies") i podobnych technologii m.in. do utrzymania sesji i w celach statystycznych. • Ustawienia przeglądarki dotyczące obsługi ciasteczek można swobodnie zmieniać. • Całkowite zablokowanie zapisu ciasteczek na dysku komputera uniemożliwi logowanie się do serwisu. • Więcej informacji: Polityka cookies OPI PIB


  • 06.10.2015 12:57:21
  • Adam Bednarczyk [1]
  • [1] Uniwersytet im. Mikołaja Kopernika
  • Brak afiliacji
Nie znaleziono publikacji cytujących ten artykuł
  1. 甘利忠彦. 1991。「方法としての絵 ―「絵合」の位相と物語の論理―」。『中古文学』47通号、29–38。
  2. 伊井春樹. 1990。「物語絵考 ―源氏物語における絵合の意義―」。『國語と國文學』67巻7号、17–30。
  3. 伊井春樹. 2002。「須磨の絵日記から絵合の絵日記へ」。『国文学 解釈と鑑賞』20巻、別冊:鈴木一雄編「源氏物語の鑑賞と基礎知識」、207–21。
  4. 伊井春樹. 2008。「絵合わせの意義」。『国文学 解釈と鑑賞』。特集:「絵画を読み解く―文学との邂逅」。73巻12号、14–21。
  5. 池田忍. 2002。「王権と美術 ― 絵巻の時代を考える」。『日本の時代史』第8巻「宮・鎌倉の王権」。東京:吉川弘文館、208–44。
  6. 池田忍. 2003。「ジェンダーの視点から見る王朝物語絵」。鈴木杜幾子他編。『美術とジェンダー:非対称の視線』。東京:ブリュッケ。1–60。
  7. 石田穣二. 1980。「絵合と天徳四年内裏歌合」。秋山虔他編。『講座―源氏物語の世界』。第四集。東京:有斐閣。103–15。
  8. 石原昭平. 1968。「絵日記と日記絵 ―日本文学における執筆・享受の一問題―」 。『国文学研究』32集。早稲田大学国文学会。22–31。
  9. 石原昭平. 1971。「絵合」。『源氏物語講座』。第三巻。東京:有精堂。168–86。
  10. 太田敦子. 2001。「絵を描く梅壺女御 ―「絵合」巻における冷泉朝の位相―」。久下裕利編。『源氏物語絵巻とその周辺』。東京:新典社。258–77。
  11. 加藤洋介. 1990。「後醍醐天皇と源氏物語 ―『河海抄』延喜天暦准拠説の成立をめぐって―」。『日本文学』39巻3号、104–7。
  12. 河添房江. 1999。「『源氏物語』と絵画―最近の研究動向から」。鈴木日出男編。 『ことばが拓く古代文学史』。東京:笠間書院。357–70。
  13. 小林正明. 1999。「須磨絵と旅する男―絵合の理路」。鈴木日出男編。『ことばが拓く古代文学史』。東京:笠間書院。488–502。
  14. 小林 学. 2006。「平安時代の「男絵」について ―史料的考察を中心として―」。『美学論究』21号、21–36。
  15. 清水好子.1980。「絵合の巻の考察―附、河海抄の意義―」。『源氏物語の文体と方法』。東京:東京大学出版会。255–74。
  16. 寺田 透. 1968。「源氏物語「絵合」」。『文芸』7巻3号、138–49。
  17. 峯岸義秋. 1952。「源氏物語の絵合」。『碧落』7巻、10–2。
  18. 紫式部. 1994(1996)。『源氏物語』。第二巻(第四巻)。新日本古典文学大系20(22) 。東京:岩波書店。
  19. Mostow Joshua S. 1988. Uta-e and Interrelations Between Poetry and Painting in the Heian Era. Reprint of Ph.D. thesis. Ann Arbor: UMI Dissertation Services.
  20. 四辻善成. 1967。『河海抄』。國文註釈全書3。東京:すみや書房。
  21. 吉野誠. 2003。「歴史をよぶ絵合巻―冷泉「聖代」の現出―」。『学芸国語国文学』35号、11–21。
  22. 吉野瑞恵. 1998。「絵合巻の絵の授受をめぐって―冷泉帝直系化の仕組み―」。『國語と國文學』75巻11号、78–90。
  23. 和田英松. 1928。「絵合に就いて(上)」。『國華』447号。国華社。33-8。
Artykuł nie posiada rozwiązanych cytowań