×

Serwis używa ciasteczek ("cookies") i podobnych technologii m.in. do utrzymania sesji i w celach statystycznych. • Ustawienia przeglądarki dotyczące obsługi ciasteczek można swobodnie zmieniać. • Całkowite zablokowanie zapisu ciasteczek na dysku komputera uniemożliwi logowanie się do serwisu. • Więcej informacji: Polityka cookies OPI PIB


  • 25.09.2015 16:18:58
  • Senri Sonoyama [1]
  • [1] Uniwersytet Warszawski [1679]
  • Brak afiliacji
Nie znaleziono publikacji cytujących ten artykuł
  1. 安東大隆(1990) 「『栄花物語』 にみえる法華八講」 『別府大学紀要31号』(1月)、1-6頁
  2. 『栄花物語①』(新編日本古典文学全集)(1998)小学館
  3. 『栄花物語②』(新編日本古典文学全集)(1998)小学館
  4. 『栄花物語③』(新編日本古典文学全集)(1998)小学館
  5. 佐藤信一 (1993) 「『栄花物語』 の法華八講―信仰との関わりの有無を中心に―」『物語研究1』(10月)『栄花物語』の法華八講考 309
  6. 佐藤道子(1995)「法会と儀式」『仏教文学講座第8巻 唱導の文学』勉誠社
  7. 園山千里 (2007)「『源氏物語』の法会と和歌―悲哀を基調とした法会の和歌―」『立教大学日本文学』第99号(12月)、2-13頁
  8. 曽根正人(1991)「聖なる仏教者藤原道長―『栄花物語』の仏教思想の一側面―」山中裕編『王朝歴史物語の世界』吉川弘文館(曽根正人(2000)『古代仏教界と王朝社会』吉川弘文館に所収)
  9. 中柴祥枝(1975)「栄花物語に於ける史実性と虚構性―藤原道長の法華講を中心として―」『国文目白14』(2月)、24-34頁
  10. 中柴祥枝(1988)「『栄花物語』の法華八講について―歴史叙述の一手段として―」『栄花物語研究2』高科書店
  11. 松村博司(1976)『栄花物語全注釈(6)』角川書店
  12. 山中裕・久下裕利編(2007)「『栄花物語』の仏教―道長像の仏教と作者の仏教―」『歴史物語の新研究 歴史と物語を考える』新典社
  13. 山中裕・久下裕利編(2007)『歴史物語の新研究 歴史と物語を考える』新典社
  14. 山本信吉(1970)「法華八講と道長の三十講(下)」『仏教芸術78』(11月)
Artykuł nie posiada rozwiązanych cytowań